ネットワークビジネス 法律 インターネットで成功!育児しながら在宅ネットワークビジネス

    忙しい育児パパも子育てしながら副収入を得るためにがんばっています!インターネットでできる完全在宅ワークのネットワークビジネスで脱サラの予感です。超らくらく集客ノウハウを使うので、友達を勧誘しなくてもよく、逆に参加希望者が集まってくるので精神的ストレスなしです♪

    【勧誘なし】インターネットでサクサク集客できる完全在宅ネットワークビジネス!
    ホーム > カテゴリー - ネットワークビジネス 法律

    サプリメントを商品とするネットワークビジネスで遵守するべき関連法律!

    コーヒー

    勧誘しないで成功できるネットワークビジネスは存在するのか!?

    サプリメントを商品とするネットワークビジネスで遵守するべき関連法律には、大別して「薬事法」「特定商取引に関する法律特商法)」「景品表示法」があります。

    薬事法
    医薬品等の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行う法律です。
    薬事法では医薬品と食品を明確に区別しており、両者を混同させるような表現や宣伝は禁止されています。サプリメントなどの栄養補助食品や栄養機能食品は食品であるため、医薬品のように効果・効能をうたったり、用法・用量を限定することは禁止されています。また、病気に対して有効であるという表現や広告も禁止されています。

    特定商取引に関する法律(特商法)
    ネットワークビジネスに参加した方が、ビジネス活動を行う際に、相手に伝えなければならないこと、また、してはならないこと等を定めた法律です。
    商品の価格やボーナス制度について事実でないことを伝えたり、クーリング・オフの制度について正しく説明しないこと等が禁止されています。
    また、商品や会社のことをお伝えする際には、商品やビジネスの説明を始める前に、自分の名前、会社の社名・商品名を告げ、会員登録をお勧めすることが目的であることを告げなければなりません。
    特商法に違反したビジネス活動を行うと、罰則の対象となることがあります。

    景品表示法
    過大な景品や不当な表示によって、消費者の商品選択を誤らせることを防止し、事業者の公正な競争を確保することを目的として定められた法律です。
    誇大・虚偽の表示が行われると、一般の消費者は、商品の特性をきちんと判断することができなくなり、品質や価格を中心に商品選択をする目を狂わせてしまうことにもなります。


    一般的にネットワークビジネスでは、「特定商取引に関する法律(特商法)」「景品表示法」に注意しなければいけません。
    さらに、サプリメントを商品とする勧誘の際には特に「薬事法」の表現には気を付けなければなりませんね。




    勧誘不要!インターネットでサクサク集客できるネットワークビジネス!

    PR
    インターネットでできるネットワークビジネス






    【その他、すごい情報もあります!!!】


    「ほったらかしビジネス」が好きな人、何もしないで稼ぎたい人必見!月利約6%(年利約100%)のキャッシュマシーン!?ほったらかしFXトレードシステムで資産倍増計画も実行中です。

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。