ねずみ講 ネットワークビジネス インターネットで成功!育児しながら在宅ネットワークビジネス

    忙しい育児パパも子育てしながら副収入を得るためにがんばっています!インターネットでできる完全在宅ワークのネットワークビジネスで脱サラの予感です。超らくらく集客ノウハウを使うので、友達を勧誘しなくてもよく、逆に参加希望者が集まってくるので精神的ストレスなしです♪

    【勧誘なし】インターネットでサクサク集客できる完全在宅ネットワークビジネス!
    ホーム > カテゴリー - ねずみ講 ネットワークビジネス

    ねずみ講とネットワークビジネスの違いって何ですか?

    男性困った顔.jpg

    勧誘なし!苦情なし!のネットワークビジネスはこれだ!

    ネットワークビジネス(MLM)の話をすると、
    「それ、ねずみ講でしょう?」という答えが返ってくることが多いですね。

    ねずみ講とは一体どんなものなのでしょうか?
    まずはねずみ講の本当の意味について正確に知っておく必要があるでしょう。

    ねずみ講というのは無限連鎖講と言われ、メンバーに金品を出させてグループを作り、新しいメンバーが加入条件として金品を出し、その金品をグループ内で分配する仕組みです。
    ねずみ講は、法律上、無限連鎖講とよばれる違法行為なのです。
    ネットワークビジネスねずみ講は基本的には違うものですが、区別が難しい部分があります。

    具体的なねずみ講の例を挙げると、
    例えば、創始者Aが2人のメンバーB、Cを勧誘したとします。

    ダウンであるB、Cには参加費としてそれぞれ2万円ずつ支払わせます。
    そして、B、Cには、さらにそれぞれ2人のメンバーを勧誘するように指示します。

    BはD、Eを勧誘し、CはF、Gを勧誘して、それぞれに2万円ずつ支払わせます。

    BはダウンであるD、Eから得た4万円の半分の2万円をアップであるAに納入します。
    CはダウンであるF、Gから得た4万円の半分の2万円をアップであるAに納入します。

    例えば、このようにしてダウンから得た参加費の半分をアップに納入し、残りの半分を自分の収入とします。
    このようにして、さらに新しいメンバーをどんどん勧誘することを繰り返していきますと、創始者や初期のメンバーが一番儲かる...というのねずみ講です。

    利益の分配の仕方には様々なパターンがありますが、儲かるのは創始者や一部の人間だけで、最後に参加したメンバーは参加費を支払うだけで何の利益も無いのです。
    どんなに人口が多かったとしても、人口そのものに限りがありますから、このようなシステムはいつか必ず破綻します。

    もし「参加者が2人のメンバーを勧誘する」ということを1日1回行ったとすると、参加者の数は、
    1+2+(2×2)+(2×2×2)+(2×2×2×2)+・・・・・
    のように増えていき、日本の全人口に達するには1ヵ月もかからないのです。

    結果として、一部の人間だけが大きな利益を得て末端の人たちはほとんど被害者となるのです。
    このような結末が目に見えているのに「誰でも儲かる」とウソを言ってメンバーを勧誘していくのですから、これは明らかな詐欺行為なのです。

    一方的に金品を集めるだけでは、すぐにねずみ講だとバレてしまうので、最近では見せかけの商品を販売するような形をとって商行為に見せかけたり、参加費の吸い上げに制限を設けることで「無限連鎖講ではない」と主張するなど、その手口は巧妙になってきています。
    どのようなシステムであっても、お金だけのやり取りや名目だけの商品で、参加費等の投資が先に入った人の収益になるシステムを「ねずみ講といい、摘発されます。

    高額でそれほど価値がない商品を販売するのもねずみ講で、商品は耐久消費材が多く金額も非常に高いです。
    相場が4万円のものが40万円になっていたりします。

    そして末端に行くと、もう買う人がいなくなり、販売組織はいっせいに崩壊します。


    これに対し、ネットワークマーケティングであるネットワークビジネスでは、商品は、主に永続する消耗品やサービスです。
    商品は少なくとも必要なものとして購入されるので、購入によって損をするということはないのです。
    またクーリングオフや返品制度など、消費者を守るシステムにもなっています。
    ネットワークビジネスは入会金も安く、報酬の条件はありますが、常識的な価格で商品を買って、愛用したり小売をしたりして成り立つビジネス
    形態なのです。

    これでしたら、末端の人達でも収益が途絶えないため、構造的にねずみ講とは全く違います。

    ネットワークビジネスは代理店を増やしていき、多くの人が少しずつ小売りをするシステムで、今まで一般的だった少数の人が多く販売する方法を改善した最先端の流通形態と言えます。
    商品が流通しなければ収益は全くなく、登録作業だけしていても収入にはならず、誰も損をしません。

    ところで、ネットワークビジネスはマルチレベルマーケティング(MLM)とも言い、「マルチ商法」と同義語です。
    これに対し、「マルチまがい」というのは、「マルチ」や「マルチ商法」がねずみ講と混同されてイメージが悪いために作られた言葉で、”「マルチ」ではない”という意味です。
    「マルチ」や「マルチ商法」は一般に悪意を持って使われていますが、本来は、「マルチまがい」がねずみ講や悪徳商法を意味するのです。

    マルチ商法もネットワークビジネスも、法律では連鎖販売取引と呼ばれ、特定商取引に関する法律でルールが決められています。
    このようにネットワークビジネスは法律で認められており、合法化されているシステムなのです。

    いずれにしても、今の社会は、まだネットワークビジネスを偏見の目で見ることが多くねずみ講と同一視されることがあります。
    ですから、健全なネットワークビジネス活動をしていても、うさん臭がられて人間関係を壊してしまうこともあります。
    そんな悩みを解決できるのがインターネットを利用したネットワークビジネスです。
    これなら友人や親戚、知人を勧誘しなくても集客できますよね。
    しかも、興味のある人だけが自ら集まってくるのです。

    インターネットで興味のある人だけ集めるネットワークビジネス!



    PR
    インターネットでできるネットワークビジネス






    【その他、すごい情報もあります!!!】


    「ほったらかしビジネス」が好きな人、何もしないで稼ぎたい人必見!月利約6%(年利約100%)のキャッシュマシーン!?ほったらかしFXトレードシステムで資産倍増計画も実行中です。

    スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。