ネットワークビジネスの確定申告のやり方 インターネットで成功!育児しながら在宅ネットワークビジネス

    忙しい育児パパも子育てしながら副収入を得るためにがんばっています!インターネットでできる完全在宅ワークのネットワークビジネスで脱サラの予感です。超らくらく集客ノウハウを使うので、友達を勧誘しなくてもよく、逆に参加希望者が集まってくるので精神的ストレスなしです♪

    【勧誘なし】インターネットでサクサク集客できる完全在宅ネットワークビジネス!
    ホーム > スポンサー広告 > ネットワークビジネスの確定申告のやり方ホーム > ネットワークビジネス 確定申告 > ネットワークビジネスの確定申告のやり方

    ネットワークビジネスの確定申告のやり方

    友達には内緒!確定申告できるほどの副収入を得るには!


    パソコン女性2.jpg

    ネットワークビジネス
    の収入は、法律上は事業所得ということになり、サラリーマンの給与所得とは違います。

    一種の個人事業なわけですから、確定申告をする必要があります。
    会社で働きながら、サイドビジネスに取り組んでいる場合、本業以外の収入ということで、事業所得ではなく、雑所得という扱いになります。
    ネットワークビジネスの所得が年間20万円を超えたら確定申告が必要になります。
    専従でやっている場合、確定申告が必要になる年間収入は38万円です。
    実際に、ネットワークビジネス確定申告する時なんですが、収入から経費を引いて、その差額に税率を掛けて、税金を納めます。


    その経費と認められるものは、

    ・パソコン、プリンター、インク代
    ・文房具類、書籍、雑誌、机、椅子、本棚
    ・セミナーの開催費や参加費
    ・交通費、ミーティングの接待費
    ・郵送代

    といったものから、下記のものもなども、場合によっては経費として申請できます。

    ・プロバイダー料
    ・光熱費
    ・家賃
    ・住宅借入利子
    ・建物の減価償却
    ・車

    まだネットワークビジネスを始めたばかりで関係ない、と思っている方もいるかもしれませんが、「1年後には確定申告をするほど稼いでいる!」という目標を持って、経費のレシートや領収証はしっかり保管しておきましょう。

    友達には内緒!確定申告できるほどの副収入を得るには!


    確定申告するほど稼ぎたいけれど、友達を誘う勇気がない...」という人は、ネットワークビジネスで無理に友人や親戚を勧誘せずに、インターネットで展開する方法を知りたくありませんか?


    勧誘なし!インターネットでさくさく集客できるネットワークビジネス
    スポンサーサイト


    PR
    インターネットでできるネットワークビジネス






    【その他、すごい情報もあります!!!】


    「ほったらかしビジネス」が好きな人、何もしないで稼ぎたい人必見!月利約6%(年利約100%)のキャッシュマシーン!?ほったらかしFXトレードシステムで資産倍増計画も実行中です。

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。