ネットワークビジネスに勧誘されたときの断り方 インターネットで成功!育児しながら在宅ネットワークビジネス

    忙しい育児パパも子育てしながら副収入を得るためにがんばっています!インターネットでできる完全在宅ワークのネットワークビジネスで脱サラの予感です。超らくらく集客ノウハウを使うので、友達を勧誘しなくてもよく、逆に参加希望者が集まってくるので精神的ストレスなしです♪

    【勧誘なし】インターネットでサクサク集客できる完全在宅ネットワークビジネス!
    ホーム > スポンサー広告 > ネットワークビジネスに勧誘されたときの断り方ホーム > ネットワークビジネス 断り方 > ネットワークビジネスに勧誘されたときの断り方

    ネットワークビジネスに勧誘されたときの断り方

    勧誘なし!絶対に人間関係を壊さないネットワークビジネス!

    考える女性.jpg

    「ネットワークビジネス 被害」で検索をかけると色々体験談が出てきます。
    よく掲示板で、「友人からネットワークビジネスの勧誘を受けたんですが、うまい断り方を教えてください。」
    という内容の相談を見かけます。

    そして、断り方のアドバイスとしての多くは次のようです。

    ・説明を聞いてしまうと脈ありと思われるから、ネットワークビジネスだと聞いたら、「興味ないから」と言ってさっさと電話を切るなり席を立つなりしましょう。
    ・理由をつけて断った時、その理由を盾にまた責めてきた場合、相手の理屈に理屈で答えようとはしないことです。「理由はない。ただやらない」が一番有効です。
    ・友人もうまくいかないことが解れば目が覚めて正気に返るので、それまで距離を置ましょう。

    そうですね。このような断り方でいいでしょう。
    勧める側もやりたくない人に無理に勧めてはいけません。

    ネットワークビジネスに誘われて拒否する人の多くは、ネットワークビジネスやそれをやっている人たちを非難・否定する気は無く、単に自分のライフスタイルに合わないだけと思っています。
    大体の人が、お金というものは地道に働いて手に入れるものと思っているのです。
    今どき、ネットワークビジネスはビジネス形態の一つだという認識はもっているはずで、その名の通りネットワークさえ構築すれば儲かるということも解っています。
    間違った勧め方をして人に迷惑をかけるグループがあるから、ねずみ講だのマルチまがいだの言われるのです。

    そして、断る理由で、ネットワークビジネスをやることのデメリットとして次の点がよく挙げられます。

    ・ネットワークビジネスなどをやっていると友達をなくす。ネットワークビジネスは確かにお金はいいかもしれないが、時には人間関係を壊す可能性だってある。
    ・「絶対に儲かる」と言うが高い商品を買い込んで損をするのがオチ。ねずみ講と同じで後の人ほど損をする。

    確かに、ネットワークビジネスである以上、人を勧誘しなければ成り立ちません。人に直接声をかける以上人間関係を壊すことはあり得るでしょう。
    また、ネットワークビジネスを勧めるときに「絶対に儲かる」とは言ってはいけません。もし言っている人がいれば、確かにそれは間違ったやり方をしている人です。
    そして、買い込みや末端の人が損をするというのは、無茶なことをやらなければならなくしてしまうビジネスプランに問題があると思われます。

    しかし、これらのマイナス要素が全く無いネットワークビジネスがあったらどうでしょう?

    実は、あるんです!


    つづきはこちら↓

    勧誘なし!苦情なし!のネットワークビジネスはこれだ!

    スポンサーサイト


    PR
    インターネットでできるネットワークビジネス






    【その他、すごい情報もあります!!!】


    「ほったらかしビジネス」が好きな人、何もしないで稼ぎたい人必見!月利約6%(年利約100%)のキャッシュマシーン!?ほったらかしFXトレードシステムで資産倍増計画も実行中です。

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。